外壁塗装の目的やメリットとは?初心者が知っておきたいポイントなどをわかりやすく解説

こちらのサイトは、一戸建て住宅の外壁リフォームの一つ外壁塗装について初心者が知っておくべきポイントを分かりやすくご紹介しています。
塗装を行うと見た目がきれいになるけれど、見栄えを良くするだけでなく本来の目的や工事を行うとで得られるメリット、そのまま放置していると生じるリスクや良くあるトラブル事例などにも触れています。
なお、トラブル事例には手抜きによる塗装品質の悪化などもあるため塗装業者を決めるときは注意が必要です。

外壁塗装の目的やメリットとは?初心者が知っておきたいポイントなどをわかりやすく解説

外壁塗装をやると塗り替えになるため、汚れた外壁や色褪せた外壁が見違えるようきれいになります。
しかし、外壁塗装の目的はきれいに見えるようにするものだけでなく、劣化した外壁の機能を復活させるといった重要な目的があります。
外壁塗装初心者などの場合は、塗装の目的をしっかり理解することで選ぶべき塗装業者がある程度絞り込めるのではないでしょうか。
丁寧な仕事をすることで塗装の品質は高くなるので、外壁塗装の満足度もアップします。

新築時のような美しい外観に蘇る外壁塗装

適切な時期に外壁塗装を行うと、新築時のような美しい外観を得られます。
外壁塗装が劣化すると、住宅の耐用年数にも影響を及ぼします。
コンクリートなど様々な素材が使われている外壁は雨や風、紫外線など自然環境の影響を受けています。
酸性の雨により塗膜は徐々に劣化して、浸水すると腐食や亀裂などの問題が発生します。
防水機能が劣化して雨水が外壁の内部まで入ると、住宅の基礎部分まで腐食する可能性があります。
メンテナンスの方法で、入居している建造物の耐用年数は大きく変わります。
外壁塗装では様々な塗料が使われ、塗料の種類によって価格や特徴が異なります。
現在の主流はシリコン樹脂塗料ですが、目的に応じて使用する塗料を選択します。
最近は遮熱性や断熱性、防水性が高い機能性塗料も注目を集めています。
断熱性が高い塗料を使うと、夏は室内の温度を下げて冬は保温効果が期待できます。
冷暖房の費用を軽減できるため、家計の負担を抑えられます。

外壁塗装を行うことで耐久性・防汚性が向上する

外壁塗装をやり直すとひび割れなどの傷みも補修できますし、新しい塗料を塗るの新築のようなきれいな仕上りを得ることもできます。
外壁塗装は家をより新しく美しく見せてくれる効果がありますが、塗装の効果はそれだけではありません。
塗料が外壁を保護し、外壁の強度も高まるので耐久性の向上にもつながります。
ひび割れがある場合は、そこから雨水が入り木材を劣化させてしまうこともありますが、塗装の前には下地処理もしっかりと行われるのでそうした心配もなくなります。
外壁塗装の塗料にも様々な種類がありますが、多くの塗料には防汚性を向上させる機能も備わってます。
汚れがつきにくくなるので、きれいな壁面を長く維持できるようになります。
外壁塗装の塗料も自由に選ぶことができますので、どのような機能があるのかしっかりと確認しておきましょう。
塗装の効果を十分に発揮させるためには、質の良い施工をすることが大事ですので、信頼性の高い業者を選びましょう。

断熱性や遮熱性をアップさせる外壁塗装

外壁は雨風や紫外線の影響などもあり、少しずつ劣化が進んできます。
ひび割れや色あせ、汚れなどが目立ってきたと感じている人もいるのではないでしょうか。
外壁の傷みは家全体の耐久性にも関ってきますので、早めに修復しておきたいものです。
外壁の修復も様々な方法が用意されていますが、外壁塗装という形で行われることが多くなっています。
外壁塗装をすると、傷んだ部分を修復できますし全体的にきれいになるので、新築のような仕上がりを得ることもできます。
既存の色と別の色を選ぶこともできるので、イメージチェンジにもぴったりです。
外壁塗装は家を美しく蘇らせてくれますが、それだけではなく断熱性や遮熱性をアップさせる効果も期待できます。
断熱性や遮熱性のある塗料を選んでおけば、室内もより快適になりますし省エネにもつながります。
塗料には様々な種類がありますので、価格だけで選ぶのではなく機能性も確認しながら最適なものを選んでいきましょう。

外壁塗装を行うべきタイミングの見極め方

買ったばかりの家は新築で、そのときにはリフォームのことなんて考えないかもしれません。
ですが住んでいる人が年を取っていくのと同じように、家も時を経るにつれて傷んでいき人間が病院に行くのと同じように家も修繕が必要となってきます。
特に日本は災害が多く、雨漏りからも家を守るためには外壁塗装は必要不可欠です。
そうは言っても、いつが外壁塗装のタイミングなのか分からないという方も多いことでしょう。
そのため、目安をご紹介しますので、ぜひ今後の参考にされてみて下さい。
一般的に、外壁塗装のタイミングは新築の工事や、その前のリフォームから10年が目安と言われています。
目に見えて損傷を感じずとも、実は見えないとろこから家は傷んでいくものです。
また、塗装するだけで、雨漏りに強く鳴ったり、遮音・遮光効果のある塗装もあるため、10年に一度は外壁塗装を行うのがおすすめです。
最後にやったのが10年以上前という方は、ぜひ検討されてみてください。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装のポイント

こちらのサイトは、一戸建て住宅の外壁リフォームの一つ外壁塗装について初心者が知っておくべきポイントを分かりやすくご紹介しています。塗装を行うと見た目がきれいになるけれど、見栄えを良くするだけでなく本来の目的や工事を行うとで得られるメリット、そのまま放置していると生じるリスクや良くあるトラブル事例などにも触れています。なお、トラブル事例には手抜きによる塗装品質の悪化などもあるため塗装業者を決めるときは注意が必要です。

Search